ル・サンク小石川後楽園建築確認取り消し事件について(1)

工事が中断されたル・サンク小石川後楽園(東京都文京区)
工事が中断されたル・サンク小石川後楽園(東京都文京区)

先月、竣工間近で建築確認が取り消されたル・サンク小石川後楽園。
文京区なのであかいさんどう思ってるんですか?って何度となく聞かれたので、ずっとどう書いたものかと思っていましたが、今年のことは今年のうちにと思い、記事にすることにしました。
この物件についてはずっと前から注目していたことはDJあかいマニアならご存知かもしれません。
あかいさんが選ぶ2014年注目の新築マンション8+1選(前編)(2014/8/3)

3.ル・サンク小石川後楽園(NIPPO、神鋼不動産)
後楽園、春日両駅が激近で、かつ閑静な場所の大敷地、広めプラン中心のモノはいいけどちゃんと売れるのか心配になるマンション。

(中略)

懸念は傾斜地のため地下室・半地下が発生することと区の条例で22m絶対高さ制限が施行されるため建った瞬間に既存不適格になってしまう可能性があること。(地上8階+地下2階表記なのでかなり苦しい)
しかし最上階住戸に2階の半地下部屋をHANAREとしてバリューセットするのは割とロックだと思います。
なおこの土地は長らく近隣の反対運動があり、塩漬けになっていたことも付け加えておきたい。

この頃から一抹の不安を感じていたわけですがそれがこういった形で的中するとは。
他にも今年前半のマンションコミュニティ第4回座談会でもル・サンク小石川を取り上げてますね。

【DJあかい】 そろそろ私からも行きますね。これはル・サンクの小石川。NIPPOが何年か寝かしててっていうか、近隣とトラブってて、ずーっと棚ざらしにしてた土地なんです。何が問題だったかっていうと、道が狭くて工事車両が入れないっていうことで、ずっと近隣住民の反対が多くて。そうやってるうちに区の高さ規制がかかっちゃって、再建築がちょっと今後響いてくるみたいな状態になり、早く着手しないとまずいぞってところで建てた物件です。で、今回のポイントは、「離れ」です。実はこれ2階なんです。ル・サンク小石川っていうのは坂になってて、2階っていうのは坂の上で、基本的には居室にはできないところなんです。居室にはできないところをなんとか売りたいというのがこの「離れ」なんです。法的には地下室になっちゃう。ドライエリアなんですよ、これ。

ル・サンク小石川後楽園間取り
ル・サンク小石川後楽園間取り

ここまで挙がった
・(建築確認後に施行された)絶対高さ規制の問題
・HANARE(居室ではない)の問題
・工事車両(一通解除)の問題
に加えて
・避難経路の問題
が住民らに指摘されて建築確認取り消しとなるのですが、明日更新予定の第2回ではその経緯等を詳しく見ていきたいと思います。
続きはこちらです⇒ル・サンク小石川後楽園建築確認取り消し事件について(2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です